玉ねぎのあれは目にしみる。

玉ねぎのあれは目にしみる。

思慮深く生きたい人間の、頭の中のキロク。

【交換日記プロジェクト稼働予定】①私のプロフィール

 

f:id:urarie:20210509015330p:plain

 

 

こんにちは、urarie(うらりえ)です。

 

 

実は今、交換日記相手を募集しようとしています。

 

 

↓ 募集してみようと至った経緯は、こちらの記事へ。

(※お急ぎの方は下記記事の『6.4人のあなた達(の様な人)へ提案したいこと』だけご覧頂いても。)

 

urarie.hatenablog.com

 

 

それに伴い、自分の自己紹介くらいは書いておかないと駄目なのでは?と思い、今日、ブログを書くに至っています。

 

 

この記事を読んで頂きたい方

私との交換日記に少しでもご興味がある方

 

 

▼  目次 ▼

 

 

1.自己紹介は苦手です

最初にこれだけは言わせて頂きたい。

 

そもそもの話をしてしまうが、私は自己紹介が苦手だ。

 

 

理由は2つ。

 

 

1つは、

あなたへの印象操作をしている気分になるから。

 

 

例えば、私が『玉ねぎ』だとして自己紹介をしてみる。

 

「私は、食べ物です」

「私は、人を泣かせる天才です」

「私は、どんなレシピにも引っ張り凧な縁の下の力持ちです」

 

どれも間違いではない。

 

でも受け手の印象はきっと全然違う。

 

 

ビジネスの場面においてのこの印象操作は、非常に面白いし、大変興味がある。

 

人間の心理を巧みに引っ張ってんな〜。とワクワクする。

 

興味がわきすぎて、大学ではそういう卒論を題材に扱ったくらいだ。建築の勉強してた癖に。

 

 

 

でもかたやプライベートな場面では、そういう人付き合いはしたくない。

 

 

私が食べ物であることも、人泣かせの天才であることも、色んなレシピに登場していることも、一応知っておいて欲しい。

 

その上で、私の真横に座るでも、私を遠くから見るでも、私の元から完全に立ち去るでも、あなたにとって適当な距離を取ってほしい、と願ってしまう。

 

 

あともう1点は、

自己紹介の「私を見て・・・!」という空気感が、どうも性に合わない。

 

 

出来ることならば、

「私の過去のブログ記事を読んで下さい。以上です。」

と言いたい。

 

いや、実際ほんとにそっちを読んでいただいた方が素の私がいるのは事実。

 

 

でも、ネット世界に現れて間もない、何の影響力もない私が、そんな頑固な寿司職人みたいな態度じゃ、

 

交換日記なんというセンシティブなコミュニケーションの相手に選ばれる訳がないので、至って真剣に自己を紹介してみる。

 

 

ちなみに、こういう余計なことをツラツラと頭の中で考えてしまうところも含めて「私」を表しているので、あえてその思考のプロセスも記している。

 

 

f:id:urarie:20210509012407j:plain

 

2.私のプロフィール

やっと自己紹介という本題に戻る。

 

余計な主観なく自己を紹介出来そうな内容を、とりあえず無難に書いてみる。

 

 

【私のプロフィール】(2021.5現在)

■概要

・34歳女性

・生まれも育ちも住まいも関西。兵庫県

・家族構成:夫1人、娘1人(1歳)

・兄弟:3つ上の兄が1人

 

■仕事

・現在時短ワーママ。

・不動産ディベでかなりマニアックな調査の仕事をしている。登記情報とお友達。

・社歴は丸7年。8年目に突入。

・交換日記をしたところで、本職には1mmもプラスにならない。

・転職経験あり

 

■好きなこと

・かなり多趣味と思う。ただの器用貧乏な人。

・但し現在子育て中の為、ほぼ全てが制限されている。かなり悲しいが、子供が可愛いから許せている。

・現在も稼働可能な趣味は、読書、謎解きゲーム、ボードゲームあたり。

・出産前は、バドミントン、旅行、ドラムなどもしていた。

 

f:id:urarie:20210509012649j:plain

 

3.話し方について

もう一つ言っておきたいことがあった。

 

ブログでの言葉尻が最近は「ですます調」ではなくて「だ・である調」である理由について。

 

 

自分の内面の話をブログ上で言葉にする時は、こっちの方が調子が出る、と最近気付きこうなっている。

 

 

普段は、関西弁で喋る普通の関西人だ。

 

手紙や日記も「だ・である調」ではない。

誰かとコミュニケーションを真剣に取る時は、こんな何処かの学者みたいな話し方はしない。

 

 

関西弁の話ことばは、関西以外の方からするとキツく聞こえることが多いらしい。

 

さらに文面で見ると余計に誤解曲解される。

 

だから控えている。

 

 

母国語を自ら捨てたあとに残るのは、自分の内をスルスルと出せる「だ・である調」なのだ。

 

こちらもちょっとキツく聞こえるかもだけど、PCで文章を書くことに慣れるまではご勘弁頂きたい、です。

 

 

f:id:urarie:20210509012313j:plain

 

4.交換日記をしようとしている理由

結論から言うと、

私はどうやら「for you」と「for me」の間を昔からずっと探しているらしい。

 

ブログを書いているのも同様の理由がかなり混じっている。

 

 

この「for you」と「for me」の間の話は長くなりそうなので、次回か次々回か、その辺りで別記事で書こうと思う。 

 

 

知らない誰かと交換日記をやってみようと思い立った経緯は、下記のページを見て下さい。

(冒頭に貼った記事の再掲示です。)

 

urarie.hatenablog.com

 

↑ この記事にも書いていますが、交換日記に対して私なりの意味はあります。

 

でも「なんとなく面白そう」くらいの軽いお気持ちでご参加頂けても嬉しいです。

 

 

あとTwitterで交換日記募集に伴う詳細についても発信しておりますので、よければそちらもご覧ください。

 

Twitterアカウント>

@_buddylog_

 

 

※追記(2021.5.15)※

↓ つづきは、以下『②交換日記の方法』『③ご応募方法』をご覧下さい。

urarie.hatenablog.com

 

urarie.hatenablog.com

 

 

それでは今日はこの辺りで。

最後まで読んで下さり、有難うございました。

 

 

*urarie/うらりえ*